ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

ハグハグ共和国「Infinity」あらすじコンテスト③

ハグメンバーによるあらすじコンテスト。

いよいよ第3弾の発表です!

名前の出てないメンバーはドキドキかしら(笑)

 

ここまで来ると皆、甲乙つけがたくなってきます。それぞれ良い感じなんです。

 

でも今回は、「あらすじ」ということに重きをおいて選ばせてもらっております。

 

 

そんなわけで今回は~

 

「あらすじというよりも、詩的な感じにキレイに表現してくれたで賞」

 

発表します!

だらだらだらだらだらだらだらだらだらだら(ドラムロールです。念のため)

 

 

じゃん!

宇田奈央子です!

 

 

うーやんはポエマー体質なので私は、うーやんポエムに常に支えられてきました。

 

そして今回も、あらすじとポエムのバランスが素敵だわ~と思いましたが。

 

【あらすじ】コンテストということで、こちらの賞となりました。

 

ではではお読みください。

 

***************


昔々あるとところに、一人の少女が住んでいました。

少女は、
毎日毎日たくさんの人に囲まれて、
毎日毎日明日が来るのが楽しみでなりませんでした。
少女は、いつも楽しく笑っていました。


数えきれない明日を過ごし、
あるとき、
少女は気がつきました。
一人、二人と。
少女の周りから人がいなくなってゆくのです。
少女は明日が来るのが怖くなりました。


それでも、少女は笑っていました。


何度も何度も明日をむかえ、
少女は、
明日が来るのが楽しみでなくなりました。


毎日毎日変わらない昨日。
毎日毎日変わらない今日。
毎日毎日変わらない明日。


いつしか大人になった少女は、
明日が来るのが怖くなくなりました。


それでも、少女は笑っていました。

 

そうして。
何百、何千回の昨日と今日と明日を迎えて。

 

少女は。

 

小人達と出会ったのです。

 

落ちぶれた元カリスマモデル。
久々の仕事で嫌々訪れたその場所は。

 


ホスピス

「死期の近い患者に安らぎを与え、看護する施設」


………………………………

 

たくさんの昨日と、たくさんの今日を過ごしたハグハグ共和国の再演してほしい作品No.1。


第30回公演を迎え、わたしたちの今を、お届けいたします。


-続きを。聞かせて。―

 

 

 ************

 

うーやんのあらすじでした!!

 

とても読みやすい文章でございました!

観劇後に読んでいただくと、また良いかもね。

 


f:id:cocoro-sketch:20160803123240j:image

 

ではでは、残りはあと4名!

誰が大賞でしょうか~。

 

お楽しみに!
f:id:cocoro-sketch:20160803122750j:image

 

 

広告を非表示にする