ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

ハグハグ共和国*ハグ会議と「ドローイング」は美味しいものと共に。

9月30日はハグ会議でした。
@みれど宅。



今回は、じゃじゃーん!
まず、はるばる富山から車を走らせ、会議に参加する、戸塚まるかが
富山から素敵な差し入れを持参してくれました!

f:id:cocoro-sketch:20151002101306j:plain
 
鱒ずしと、かまぼこ!

ちなみに、まるちの実家は
富山で鱒ずしのお店をやってます!
美味しいので、皆様、是非。

富山のかまぼこも美味しいね~!

用意する、まるち。


f:id:cocoro-sketch:20151002101912j:plain




はしゃぐ、ネコとイヌ。
f:id:cocoro-sketch:20151002101556j:plain

踊るネコ。


f:id:cocoro-sketch:20151002101629j:plain


そしてそして。
月野原りんが、
からあげ、ポテサラ、炊き込みごはんでおにぎり、
作ってきてくれました!

じゃん。

f:id:cocoro-sketch:20151002101809j:plain

じゃじゃん。


f:id:cocoro-sketch:20151002101831j:plain

ポテサラの盛り付けは、
中村和之です。

白菜と鶏肉の鍋もあります。


メンバー到着順にハグ会議開始です!


f:id:cocoro-sketch:20151002102013j:plain

ん?


f:id:cocoro-sketch:20151002102030j:plain

んん?


f:id:cocoro-sketch:20151002102050j:plain


んんん?



f:id:cocoro-sketch:20151002102138j:plain

んんんん?



f:id:cocoro-sketch:20151002102201j:plain


ちゃんと

会議です。




f:id:cocoro-sketch:20151002102222j:plain


やるときは、やります。

ふさげるときはふざけます。


f:id:cocoro-sketch:20151002102257j:plain


こんなふうに、ご飯食べたり飲んだりしながらも、
ちゃんと大事な話をしたり、
進行について話したり、反省したり、
企画したり、もりもり、盛り沢山。


親子のように、アナログなくぼぴーに
いろいろ教えてくれる、まるち。
f:id:cocoro-sketch:20151002102440j:plain
くぼぴー、昔の私をみているようだよ。
私もそうやって、まるちに目押しを教えてもらったよ。



はい、会議です。

ほんとは台本があるはずだったハグ会議。なくてごめんなさいを混ぜながら、
次回公演の準備を着々と進めます。


ホームページでも
次回公演の特設サイトがオープンいたしまして
全ての情報が解禁いたしました。

そしてチケット発売も、
10月4日(日)です!


特設サイトの各役者陣の写真のとこに、
それぞれの専用のチケット予約フォームがありますので、
皆様、是非、よろしくお願いいたします。

前回の「星の王子さま-Love the Life you Live-」は、
カラフルに飛び出す絵本のように、綴りました。


次回はモノクロ全開です。


思えば
ハグ第1回公演のテーマは「虐待」
第2回が「集団自殺
第3回が「引きこもり」

ダークファンタジーと言われたり、
好き嫌いがはっきり分かれると言われたり、
まあいろいろ言われ、
悩んで迷って、ぶれたりしてしまう時期もありましたが。


役者さん、スタッフさまのおかげで
そんなハグ作品を好きになってくださるお客様も増え。

ハグメンバーのファンの皆様や、
ハグマニアに支えられ、、

ぶれなくなってきたかもしれない今日この頃。



モノヅクリとはなんぞや。
いつでも問いかけます。


真摯に、お客様に喜んでいただけるよう取り組むのは大前提なんだけど


でもやっぱり、
やりたいこと、好きなこと、
ハグならではの味を描きたい。


それが美味しいか美味しくないか、、
好き嫌いがあって当然。

でも食べていただけるよう
工夫するのも当然。
 

当たり前でないのは
観ていただけること。

  

モノヅクリは楽しい。
大好きです。

でもモノヅクリには、抉る作業はつきもの。抉りながら、傷みを伴う。
嫉妬や葛藤や矛盾とも向き合わねばならない。そしていろいろ不足してきます。

金銭や時間はもちろん、
人間の三大欲求なんてすぐ不足します。


不足しますが。
それでも、やりたいモノヅクリ。


不足を自分や周りの支えで
充足に変換してゆくと
抜けられなくなる。



次回「ドローイング」
荒く描きます。




私たちは絵を描く。

そういって旗揚げした15年前。
ダークに漂いながら


第4回公演のタイトルは
「スケッチ」でした。



今回は
あの頃より、また、おばちゃんになった私のデッサン、線画、
「ドローイング」です。


モノクロの中にみえるひとつの色を目指して。
紙の上で旅に出ます。




f:id:cocoro-sketch:20151002105104j:plain



f:id:cocoro-sketch:20151002105115j:plain





是非是非、よろしくお願いいたします!

広告を非表示にする