ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

ハグハグ共和国『シュガー×ペッパー』ありがとうございました!

第25回公演「シュガー×ペッパー」おかげさまで無事に終演いたしました。

ご来場いただいたお客様、お暑い中、本当にありがとうございました。


そしていつも頼もしい舞台監督の井上さん、照明の畠中さん、メガネイマリさん、
音響のこころちゃん。
本当に本当にありがとうございました。


第2稿の台本執筆に煮詰まっていたとき。
井上さんのアイデアで救われました。
あれで一気に脱稿できました。感謝です。
ずっと寝てないままで、稽古終わりの美術打ち合わせをやったとき、
私ったら、井上さんの説明を受けてる最中に、一瞬意識が飛んでしまったんです。
とんでもないでしょ?ありえないです。
私もそんなこと初めてです。
「あれ・・?ひゃー、す、すみません!」と言ったら井上さんは笑ってくれてました。
こんな非礼なことをしたやつに・・・
もう絶対良い作品を創るんだから〜って想いました。
でも一瞬でも意識を飛ばすのはよくないです。ごめんなさい。一生懺悔します。
お忙しい中で井上さんは色々と模索してくださいました。
台本脱稿のきっかけも与えてくださり感謝なのでした。



畠中さんは、もうずっとずっと、ご一緒させてもらってるからか、
すっかり安心感があり・・・
脱稿が遅れて、稽古もまだままならない状況の中、イメージをふくらましてくださり、
モノガタリに色を添えてくださいました。
畠中さんの明かりはこころがあるんです。
だから好きなのです。キレイなだけの照明ショーにしたくない。いつもそうおっしゃってて。
すごく好きです。
遊び心があるんですよね(笑)気づいてましたよ・・あの場面(笑)
畠中さんが
「スランプ、難産を越えたら良いものが出来る・・とよく言われるけど、
でも実際は9割?はそうでもなくて、良くなかったりする。けど、今回は良い方にいったね」
と言ってくださり。
「この2公演でみれどさんが凄く進化している」とおっしゃっていただきました。
うう。
嬉しすぎて泣きそうになるけど、私は人前では泣いたことがないのでした。
すごく嬉しかったです。



音響の心ちゃんも。今回も私は任せっぱなし。
いつも以上に任せっぱなし。
あんなに任せっぱなしでいいんだろうかっていうくらい、
甘えて頼ってしまいました。
けど、全ての音がバッチリで。
全ての音が素敵で。
心ちゃんの音にも想いがあるのですよね。
花火は畠中さんも最高に心ちゃんに賛辞を贈っていました。
私は花火の長さは今回最後しか指定してなかったので、
全部、心ちゃんのセンス。
ビバ、心ちゃん。
「面白いですよ」
落ち込む私にぼそっと呟いてくれる彼女にどれだけ救われたかわかりません。

本当にスタッフさま。今回はご迷惑をおかけしましたが、
ありがとうございました。
心から感謝なのです。


感謝の言葉はつきません・・。

仕込みにかけつけてくださいました、タッタタ探検組合の組合長の谷口さん、キクチくん、えびちゃん、
本当にありがとうございます。
みなさん、いつも黙々と作業して、さっと帰っていく。
お助け隊・・・心で呼んでみたり。これも井上さんのおかげです。


お客様に最初に出逢う大切なキャストの受付スタッフさま方々。
感謝感謝です。

受付チーフのアンジェラは稽古場からずっと来てくれていました。
おかげで役者と受付との連携もスムーズでした。
本当にありがとう。
受付だけではなく、アクション、ダンス指導までしてくれて。
ゲネプロでは撮影もしてもらい・・ほんと何から何までありがとうでした。

愛情出演してくださったHOSHIMIさんのおかげであるのですが、
アンジェラを筆頭に。

YU−KI、CHIAKIも毎日来てくれました。
CHIAKIは撮影もしてくれました。
2人ともほんとにほんとにほんとにありがとう。


RHYTHM COLLECTIONのみなさんの気遣いは半端ないんです。
お客様、スタッフさま、キャストのみんなに凄くよくしてくれました。
感謝です。

それから。
渡邉さん、えりかちゃん、てんまちゃん、ゆうじさん、磯野くん、いろはちゃん、
飯田さん、まきちゃん、すわくん、くにくに、まりん。
暑い中、受付のお仕事は気疲れもします。本当にどうもありがとう。


それから地方在住メンバーのけいちゃん、チラシデザインをありがとう。
ミーもたくさんの励まし、ありがとう。


それから。今回はすっごく素敵なことに、
りんちゃんのエピローグを冬樹さんがアレンジ、演奏してくれました。
いつも以上に凄く素敵になりました。
冬樹さん、ほんとうにありがとうです!!


そして。

たくさん迷惑、心配をかけました。
「シュガー×ペッパー」の座組のみなさま。


本当に本当にありがとうございました。

何度もくじけそうになり、
何度も心も折れ、
凹み、落ち込み。


もう自分の未熟さとかだけではなく、心身ともに
めいっぱいになってました。


けれど。脱稿してから。
意識を改革せねば・・と。
弱虫の私は想いました。


稽古は少ない。

けれども。確実に幕はあく。

私が申し訳ないとか、落ち込んでる場合じゃない・・・


本当は凄く辛いし、出来たら笑ってごまかしてしまいたい。


でもそんなのは絶対に絶対にアカン。


私がすべきこと。

作品をよりよいものにすることだけ。



台本が遅れて稽古の日数も少ない。
現場で試すことも多い。


そんな中で役者にダメだしをしながら。
時に厳しく。
時にメンバーを叱りつけながら。


おうちに帰るとひとりで落ち込んだりもした。


でも自分の出来る限りのことを精一杯やるしかない。


お客様に喜んでもらいたい。
それは全員、同じなのだから。


己がすべきことをやるのみなのだ。



でももしかしたら。
もう二度とハグには出たくないって想う役者さんもいるかもしれない。
あ、誤解なきよう・付け加えると、
今回の座組の皆さんはすごく素敵な方ばかりで、
役者のみんなはとても、まとまっていました。有難いくらいに。
けど、
そう思われても仕方ないってなくらいの私だったんです。

だからこそ。
みんながやってよかったって想うのはお客様にお披露目した時しかないから。

お客様と出逢うこと。
それがなければ私たちのやってることに意味はない。


「大変だったけど、参加してよかったよね」
と言ってもらえるように。


やるしかない。
そればっかり、唱えてた気がする。



今を共有してくださったお客様。


共に闘ってくれたキャストの皆さま。

スタッフの皆さま。



「私、もうダメ。もう枯れたのよ。もうおしまいなんだわー」と
私は叫んでいましたが。


また来年。
よりよいものを創りたいです。
また難産になるかもしれない。怖いです。
でも。

でもそれ以上に。やっぱり。求めてやまない世界がある。

モノヅクリをずっと続けたいのです。


劇場MOMOは、まだ私たちがオロオロしてた頃から使わせていただいてます。

今回、初めて、
「面白かった。凄くよかった」と言っていただけました。
ありがとうございます。




まだまだ未熟な私ですが。
もっともっとみたい景色があるから。


今後も精進してまいります。



どうぞよろしくお願いします。



暑くて熱くて、しんどくて。
でも。
切なくて。愛しい夏が終わろうとしています。



全てに。

心から感謝をこめて。


f:id:cocoro-sketch:20120825161947j:image:w640


キャスト全員集合写真♪写真を撮る前の準備中のみんなの顔(笑)



舞台写真もちょこっと掲載します♪

広告を非表示にする