ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

箱の中の空。

ただいま執筆中です。

毎回、毎回のことですが、いつも最初は産みの苦しみを味わいます。
それはもう。
のたうち回っていて(笑)

魂を削ってるねってみんなに言われてますが。

削るというよりも。

今まで貰ってきた沢山のことを紡いでいる感じです。


舞台に絵を描く。

ずっとそれに恋焦がれて表現世界にいるような気がします。

舞台ならではの表現。


生きた絵。飛び出す絵本。五感に響き、第六感が震えるような。

記憶に残る舞台。


自分の中にある大切な想い。
コンプレックス。


ココロから笑うこと。



今回の公演は2月くらいから企画して動き出しました。

そして。忘れてはいけない大震災もあり。


私自身、プライベートでも。仕事でも。芝居でも。
ほんとにいろいろな出来事があり。


常に畑を耕すように生きたいと思ってる自分にとって。

これまでのこと、これからのこと・・・どんどん繋がっているって体感しました。



そんなわけで「箱の中の空」。

だいぶ、苦しんでるようですが(笑)
それは順調な証。

来月10日には顔合わせです。

もちろん。役者の皆様に台本をお渡しするの!
なので、予定日より早めの予定日を設定してもらっています。

やっぱり、あれね、私がこんなだから、メンバーは凄いしっかりしちゃうのね。
みんな、ありがとう。


今は自分の中にしか見えない空を。


共にみる日を励みに。

広告を非表示にする