ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

マイケルジャクソン。

マイケルの
数々の名作プロモーションビデオが、
おさめられたDVDです↓

私が中学と高校生の頃、マイケルはチャイルドスターの呪縛を逃れ、スーパーアーティストに躍進しており。

「Beat it」に衝撃を受け
「Thriler」に感動しました。


勢いあまって。
高校の体育祭の仮装大会で、私たちのクラスは

『日本の妖怪の恰好をして、スリラーを踊りながら行進する』

というものをやったのですが(笑)
私は、演出と振り付け担当でした。

当時は、PV観るのは
大体、深夜にやってるMTVで。

MTVは、洋楽のPVをえんえん流してくれるという大好きな番組でした。

そして当時の私は、ビデオデッキなる高価なものを持っていなかったので、
毎回毎回、MTVを観て(スリラーが放送されない回はアンラッキー)

振り付けを覚えました。
覚えきれなかったところはオリジナルで(笑)


懐かしいな。
テレビにかじりついてメモして踊って、繰り返し。

MTVでしか観れなかったPVがDVDに。


しかも発売されても、一曲がとても高くて買えなかった代物が

10曲以上入って、2940円って(°□°;)


ここ数年のマイケルは
スキャンダルばかりとりあげられてましたが

ホントにメッセージは強力でした。

あそこまで登り詰めたからこそ
差別を越えて伝えられたメッセージ。


孤独感は半端なかったと思うけれど

PVでのメッセージも半端なく強くなっていったように思えます。


いつでもPVが観れるようになれたことを嬉しく思うけれど

マイケルがまだまだ伝え続けたかったメッセージを
受信出来ないのは残念。

でもマイケルからもらった今までのメッセージを
これからも繋いでゆくことは出来るはずだから。

私も
メッセージし続けたいなと改めて思います。

広告を非表示にする