ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

まだ半分。

心理学でよく使われるのですが


コップの中の半分になった水をみて
『もう半分』と思うか
『まだ半分』と思うか

その考え方でだいぶ違うと。


もう40歳
まだ40歳


みたいな感じで例えられたりもします(笑)


人生の豊かさで言えば


『まだ』と思っていた方が、前向きで楽しい展開ではあると。


ないものを嘆いているより、日常に溢れる小さな幸せを感じてた方が幸せだって話し。
それはホントそうです。


でも。これはコップの中の水を。
なくしたくないものとしての心理に例えてる場合の話。

ちょっとその感覚を逆に変えてみたら。


『まだ理論』はイマイチだと個人的に発見。
特に
あることに関してですけど(笑)



もう半分
まだ半分


コップの中の水をなくしたくないのならば
そりゃまだまだって思いつつ大事にしたいわけで。


けど例えば。
コップの中の水が
早く空っぽにしたいみたいな事柄だとしたら?
早くなくしたいわけだから。

まだ半分も?!

よりは


もう半分まできたぞ。


と思いたいし、思ってる方が頑張れたりもするわけです。


結果としては


どちらも前向きに考えようって話なんだけども


人それぞれ
自分の心を追い込まないように
考えられたらいいんだろうな。



なんだか乱文になっちゃいましたf^_^;



ちなみに
別の例えとして

あと3日しかない
あと3日もある


などなどもあります(笑)
長くなるからまた今度

広告を非表示にする