ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

RHYTHM COLLECTION×グワィニャオン『Aくんメモ』『帝の音、夜に華やぐ怒り』2週間後ですよ。

最近、過食気味のみれどです。こんばんは。
太ってきてます。アクションやってるのに??
ええ。やらせていただいてるにも関わらず。


うーー。気がつけば本番はもうすぐ!!

2週間後には初日も開けて、中野あたりでヘロヘロになってることでしょう。


先週はハグハグ共和国の8月公演の顔合わせもやらせていただきました。
でもその記事はアップできないまま。
現在にいたります。はい。顔合わせの模様のツイートはたくさんしたのですが。

あ!けどハグハグのチケットも販売開始しましたので、
近いうちに私のチケット専用予約ページのURLを張らせていただきますね。
こちらも是非、よろしくお願いします(^−^)

ハグハグ共和国の方は7月から台本稽古に入ります。
6月は私は参加できないのだけど、みんなで身体作りをやったりしていてもらいます。

発声や肉体訓練などの基礎訓練はやっぱり大事。

コンスタントに舞台に立ってる人はともかく。
年に1〜2回ではやっぱり鈍ってきます。
身体や声は正直・・・実体験です・・・。


今も。
最近は役者の仕事よりも裏方に回ってる私としては。
鈍ってる、感覚がなまってる自分が情けなくなります。


けど。それを受け入れてがんばらねばいかんのです。
やってるつもりではなく。やるっきゃない。

そして。初心。
基礎に戻る。

改めて己を知る。


私はとにかく。
コツコツ努力でしかやってこれなかったし、不器用な人間です。

先天的な才能があるわけでもないし、華があるわけでもない。
もちろん器量よしでもないし、
個性が強いわけでもない。


そんなのは己を分析したらよくわかる。

え?それでよくやってるね?って感じでしょう。
私もそう思います。


でも表現することが好きなんです。

そして何かを伝えたくて舞台にいるんです。

舞台はひとりでは出来ないから。
いろんな力が必要。
だから舞台の表現にココロをつかまれるのです。


昔、先生に言われた。


後天的な能力は。
いくらだってつけられる。


感性を磨く。
音楽を聴き。
五感を震わせ。

観察しながら。
日々を生きながら。

喜怒哀楽を楽しみながら。

感覚を再現し、
表現できる力を身につけていく。



そして稽古を繰り返す。



土日は完売の回もあったり、もうすぐ完売だったり・・・だそうです。
でも平日は今ならまだ良いお席を確保できるみたいですよ。


ご都合つきましたら。
是非是非。
劇場に遊びにきてくださいませ。


ご予約は下記にメールしていただくか、私に直接連絡いただいても大丈夫です。

このブログをみていただいて
うーん、観に行ってやってもいいぜ、というワイルドな方も是非。
下記よりお申込みくださいませ。




星光プロジェクト20周年記念公演

RHYTHM COLLECTION×グワィニャオン共同プロジェクト


『Aくんメモ』

『帝の音、夜に華やぐ怒り・・・』


◆作・演出 西村太佑◆


■劇場■
中野ザ・ポケット

■公演期間■
6月27日〜7月1日


■公演スケジュール■

6/27(水)19時〜帝の音

6/28(木)19時〜Aくん

6/29(金)14時〜Aくん
6/29(金)19時〜帝の音

6/30(土)14時〜帝の音
6/30(土)19時〜Aくん

7/1(日)12時〜Aくん
7/1(日)16時〜帝の音


■チケット代■

前売り→1作品:3800円

※2作品通しチケット→7300円(前売り2作品同時購入時のみ)


◆あらすじ◆

安藤厚司中学三年生。
卒業式の日、式の真っ最中に、
彼は日記のかわりに一年間書き続けたメモを残して、学校の屋上から飛び降りた。

何故、彼は飛び降りなければならなかったのだろうか?
彼のメモから明かされる、中学生の孤独。
そして、教師達の苦悩が解き明かされていく。


母が息子の厚司には語らなかった自らの青春時代。
そして祖母の意外な若かりし頃。
熱く生きた70年代。
爆音を轟かせ暴走族たちが駆け抜けた懐かしき時代。


親になるということ。教師ということ。
子供であること。トモダチということ。
それぞれの苦悩と友情と絆。

現代と過去からなる2作品のリンクによって、
明かされていく人間イキザマドラマ。

70年代を駆け抜けた若者達・・・
現代を駆け抜けた若者達・・・
それぞれを別の視点から描く!


◆チケットご予約方法◆

お手数おかけしますが、
下記のメールアドレスより必要事項をご記入の上、送信ください。
メールを打つのがちょっと・・という際は、お気軽に私宛に直接ご連絡くださいませ。
ご不明な点もご遠慮なくおたずねください。


■チケット予約メールアドレス■
(※こちらでお申し込みいただいた場合、チケットは当日受付にて精算、お渡しになります)

rhythm.ticket@gmail.com


※件名には「公演名、チケット予約」とご記入くださいませ。

※本文に下記の必要事項のご記入をお願いいたします。


<必要事項>

1: お客様のお名前(カタカナ)

2:ご来場ステージ日時

3:ご来場公演名

「帝」 もしくは「A」と、ご記入くださいませ。

※「帝」・・・「帝の音、夜に華やぐ怒り…」
 「A」・・・「Aくんメモ」

4: 枚数

5: お目当ての役者名↓
  (このブログでお買い求め頂ける場合は【久光真央】と書いていただけると、私が喜びます(笑)

6: 備考↓

※セット販売でお買い求めの場合、ご希望のセット番号をこちらにご記入くださいませ。

※2枚以上のチケットをお買い上げいただく際に、お席を並びでご希望される場合は【連番希望】とご記入くださいませ。

※その他、お問い合わせ、お席のご希望などございましたらこちらにお願いいたします。



◆セット価格の内容◆

◇セット:1
通しチケット+公演DVD2枚(各作品1枚ずつ)+公演パンフレット1冊
※通常価格¥10,400 → 割引価格¥9,700

◇セット:2
単発チケット+公演DVD1枚(観覧作品の公演DVD)+公演パンフレット1冊
※通常価格¥6,000 → 割引価格¥5,500

◇セット:3
通しチケット+公演パンフレット1冊
※通常価格¥8,800 → 割引価格¥8,350

◇セット:4
単発チケット+公演パンフレット1冊
※通常価格¥5,000 → 割引価格¥4,850

◇セット:5
通しチケット+公演DVD2枚(各作品1枚ずつ)
※通常価格¥9,200 → 割引価格¥8,700

◇セット:6
単発チケット+公演DVD1枚(各作品1枚ずつ)
※通常価格¥4,800 → 割引価格¥4,400



ご予約いただきましたら、ご予約の完了通知のメールが届きます。

もしも1週間たっても返信がない場合は、
上記のチケット窓口アドレスか、
私へ直接ご一報くださいませ。


よろしくお願いします〜〜!

広告を非表示にする