読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

ハグハグ共和国「Infinity」あらすじコンテスト⑥

ハグメンバーによるあらすじコンテストの第6弾の発表です~。

 

今回は、大賞の次点の発表になります!

つまり必然的に大賞の発表にもなります。

 

もう、なんというかですね、

全く違う文体、構成、視点なので、

見方によっては、

どちらもわかりやすいあらすじで、どちらも大賞になるんです。

 

が、こんなコンテストを決めたやつの責任を取らねばなりません。

誰だよ、、企画したやつ、、、、

 

 

私です。すみません。

 

 

 

 

そんなわけで!

まずは限りなく大賞の。次点!!

 

NHKスペシャルみたいで素敵で、私はこれで予告動画を撮りたいし、池袋のCM大会で使っちゃうで賞」

 

 

だらだらだらだらだらだら(しつこいようですが、ドラムロール)

 

 

 

 

伊喜真理です~!

 

どうぞ!

 

**********

 

クオリティオブライフ。

自分の人生がより豊かに、
より充実していくように生活している私たちは、ふと「生きる」ことが当たり前のように感じていたりするのではないでしょうか?
そんな当たり前の時間を過ごしている中、
自分自身が病に侵されて、
「死」
を、意識した時に、
人は何を想うのでしょう。

1秒1秒、まるで刻まれるように過ぎていく「生きる」時間。

いつくるか、わからない終わりの瞬間。

「笑え」
『笑えない』
「泣け」
『泣けない』
『食べれない』
『眠れない』
『動けない』
「笑え」

あなたは、「死」を目前にして、
愛する人や大好きな人たちに「ありがとう」を、
どんな風に伝えますか?

舞台は終末医療ホスピス
そこに訪れる「元カリスマモデル」とマネージャーとカメラマン。

先端医療と終末医療の現場に従事する医療スタッフ
大人になれない子供たち
舞台に立てないショーダンサー
身体が動かなくなるアクションマン
日の目をみれなかった役者
延命しない選択をした妻
余命宣告をされない娘
夢が叶わない少女
仲間、親、夫、友人、恋人、看取る人


終末で交わる人生。

終わりがみえた時、
あなたはそれでも、笑えますか?

「生」と「死」の狭間にある
『Infinity』を、
ハグハグ共和国第30回目の公演でお送り致します。

 

**********

 

ドキュンメタリーチックなあらすでございます!

 

ほんと、これが大賞でもよいのですが、

こちらは予告動画やCMに使いたいと思ったので次点となりました。

 

視覚的なあらすじだなあと。

なので動画を撮りたいのと、8月19日のCM大会を楽しみにしていてください!
f:id:cocoro-sketch:20160808163555j:image

 

 

 

そんなわけで、今回の大賞は、

ハグ新メンバーちあき。

 

あらすじコンテストは初参加です。

 

 

ちあきのあらすじは次回~。

ホームページなどで掲載してゆきたいと思います!!

 

 

 
f:id:cocoro-sketch:20160808163614j:image
f:id:cocoro-sketch:20160808163632j:image


 

 

広告を非表示にする