読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

ハグファクトリー「楽屋-流れ去るものはやがてなつかしき-」出演します、グワィ組の稽古でした!

昨日は4回目のグワィ組の稽古でした。

ハグファクトリーの投稿では
プロデューサーとしての3組へ、
3組の演出家さんたちや女優陣へ
想いと愛をこめて綴っていますが。


今回は出演させていただけるグワィ組のことを
初心にかえってる役者として
綴らせていただきますです。




f:id:cocoro-sketch:20160430125809j:plain



昨日の稽古も楽しかったのです。


楽しいって言うのは、決してラクな事ではなくて。。

楽しめるとこまで持っていける下地がある皆様だからこそ、味わえること。


演出の西村さん、
なおみちゃん、ゆりさん、さきちゃんの感性に技量に心が踊っています。


私はひたすら、ただ、ただ必死。
みんなに付いていく、 
置いてかれないように必死。

簡単に初心にかえれると言ってるわけではなく。

ほんとに新人の頃のようなのです。


それが嬉しい。


グワィニャオン西村さんの演出は、
清水邦夫さんの作品を生かしつつ、
西村さんワールド、
グワィテイストが散りばめられていて、
面白いし、切ないし、滑稽だし、
そして芝居愛に溢れてます。

私自身、西村さんの作品には何度も出演させていただいてるのですが。

今回は、ありもの作品というのもあるからでしょうか、

西村さんの演出をがっつりと、
そして
役者としての技術や感覚を、
惜しむことなく、
伝えていただいてる気がします。


すごく勉強になり
新人時代に戻ってる有り難さもありながら、
大好きな芝居をまた更に更に深く
奥深く探求できる喜びをかみしめてます。


私は女優Bをやらせていただくのです!


初めて「楽屋」をやらせていただいた時は女優Cでした。
10代で女優Cのあの台詞、、
当時、全く落としこめず。

10代の頃、
かなり老けているといつも言われてて、
老け役ばっかりでしたが
私には華がないので、いくら老けてても(笑)


それから女優Aをやらせていただき。 
でもこれがまた。難しく。

「楽屋」を初めて観た時に
女優Aがほんとに面白かったのですが
自分の苦手分野が散りばめられてて、、
とにかくワタワタしてました。
すごく勉強になりましたが。アタフタしてしまいました。


そして憧れてたのは女優Dと女優B。
まず絶対に絶対に、ぜーったいに
回ってこないポジションだったからです。

でも今回、
グワィ組の女優陣の魅力を生かしたキャスティングに乗っかり、
ちゃっかりBをやらせていただけることになりまして。

嬉しくてワクワクしましたが
同時に、決して回ってこなかったポジションの難しさも味わってます。

でもそれが楽しいのです。


まだまだ全くダメダメなんですが
必死についていきながら、
新人時代に戻れてる楽しさ。


演出の西村さんをはじめ
共演の皆様のおかげです。



女優Aは、インプロジャパンの
奥山奈緒美ちゃん。
なおみちゃんとは、約30年前、
アクト青山ドラマティックスクールで知り合いました。

なおみちゃんは一期下なので、実は、直接、共演したことがなく。 
でも、レッスンをみて、芝居がうまいのはもちろん、なんて面白いことができる子なんだ!と感動し。

いつか共演したかったんです。

なので今回、初共演で、
しかも、女優AとBは、がっつり絡みです。なおみちゃんのA、やっぱり面白くて。なおみちゃんと絡める喜びをかみしめてます。


女優Cは、劇団銅鑼の長谷川由里さん。
私が銅鑼にはいったときに、
旅公演ですごくお世話になった先輩です。

私は、ゆりさんが大好きで、憧れて、
綺麗なのに天然で面白くて、、
でも芝居に対しての姿勢や意識、
ゆりさんの背中からかなり
学ばせていただきました。

銅鑼の時代、ぺーぺーの頃に私は旅公演につかせていただいたのですが、
私は冒頭シーンで踊るだけ。あとは、小道具係りで回らせていただいてて。

なので、ゆりさんとがっつり共演がなかったので、
今回はほんとに嬉しいんです!幸せ!


そして女優Dは、ATプロダクション
田中沙季ちゃん。

さきちゃんとは、何度か共演させていただいてますが、実は、がっつりと、絡んだことはなく。

親子役だったりもしたんですが、
がっつり絡む場面はなかったため、
やっぱり嬉しくて。

いつか、さきちゃんにも、女優Dを
やってもらいたかったから
嬉しさも倍。
さきちゃんからもたくさん学ばせてもらってます。


そんなみんなに囲まれてるから 
かなり必死な私なのです。

でも楽しいのです。


お客様に喜んでいただけますよう
更に高めてゆけたらと思います。


是非是非、是非。   
観に来てほしいなって思います。


よろしくお願いいたします!



今度は、ハグファクトリーで、
他の組の皆様を紹介したいと思います!

***********

ハグファクトリー

「楽屋-流れ去るものはやがてなつかしき-」作:清水邦夫

「楽屋-希望と栄光と猫の国-」作:笹木彰人

5月31日(火)~6月12日(日)
@PerformingGallery&Cafe絵空箱

※受付・開場は開演の30分前です。
自由席ですのでご都合つきましたら、
お早めにご来場くださいませ。

※上演時間は各組共、
1時間30分弱の予定です。

●グワィ組(演出*西村太佑)  
「楽屋-流れ去るものはやがてなつかしき-」作:清水邦夫

奥山奈緒美(インプロジャパン)
久光真央(ハグハグ共和国)
長谷川由里(劇団銅鑼)
田中沙季(ATプロダクション)

5月31日(火)19:30~
6月 3日(金)19:30~
4日(土)14:00~
   5日(日)18:00~
   8日(水)15:00~
10日(金)19:30~
11日(土)14:00~
12日(日)15:00~


■FA組(演出*村田真紀)
「楽屋-流れ去るものはやがてなつかしき-」作:清水邦夫

松宮かんな(ジャングルベル・シアター)
伊喜真理(ハグハグ共和国) 
益井美由紀
田中聡子

6月 2日(木)19:30~
4日(土)18:00~
5日(日)14:00~
6日(月)19:30~
8日(水)19:30~
9日(木)15:00~
11日(土)18:00~
12日(日)13:00~


▲王様組(演出*笹木彰人)オリジナル作品
「楽屋-希望と栄光と猫の国-」作:笹木彰人

中川絵美(昭和芸能舎)
佐藤麻里子
月野原りん(ハグハグ共和国)
渡辺利江子(グワィニャオン)
  
6月 1日(水)19:30~
4日(土)16:00~
5日(日)16:00~
7日(火)19:30~
9日(木)19:30~
10日(金)15:00~
11日(土)16:00~
12日(日)17:00~


★チケット★

☆前売り券(日時指定・全自由席)
3500円(1ドリンク付)

☆土日通し券
土曜又は日曜の連続する3演目を鑑賞可能(1ドリンク制)
8200円(2500円×3公演+700円×1ドリンク)

☆フリー通し券 
全日程の中からお好きな日時を選び3演目を鑑賞可能(3ドリンク制)
9000円(2300円×3公演+700円×3ドリンク)


★チケット購入はこちら↓


久光真央扱いチケット予約↓
https://www.quartet-online.net/ticket/hugfactory?m=0ahbahj


ハグファクトリー 
https://www.quartet-online.net/ticket/hugfactory

★こちらはデジタルチケット。クレジットカードが使えます↓
yahoo!passmarket 
http://passmarket.yahoo.co.jp/


**************

【舞台美術】井上義幸(F・F企画)
【照明】  畠中泰正+平松アンナ
【音響】  游也
【宣伝美術】aimi
【映像撮影】田中カズヒロ

【制作】  しむじゃっく

【舞台監督】久光真央
【助手】  金濱千明
【企画製作】ハグファクトリー
 


f:id:cocoro-sketch:20160430125639j:plain



【お問い合わせ】
090-1267-2690(制作部)

メールはこちら→info@symjack.com




f:id:cocoro-sketch:20160430125706j:plain

広告を非表示にする