読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

ハグハグ共和国「メンバー卒業のお知らせ」自分の生きる人生を愛せ。

この度、
ハグハグ共和国第19回公演から客演して、その後、メンバーとしてハグを支えてきてくれた、ねえさんこと、渋谷恭子が卒業いたしました。



f:id:cocoro-sketch:20150814014814j:plain



劇団を15年もやっていれば、
出逢いも別れも繰り返してきていて。
寂しい気持ちはあれど、常に変化を覚悟しているとこもあります。

なんにせよ私が望むのは、
本人がほんとにほんとにやりたいことをやること。
やりたいことが出来たら卒業は自然な流れです。



f:id:cocoro-sketch:20150814015026j:plain



ねえさんの卒業理由は、
プロデュース集団のSTS
今後、更に更に盛り上げていくために
専属制作、役者として深く関わるためです。

真面目なねえさんは、両立はできません(笑)



f:id:cocoro-sketch:20150814015258j:plain


そしてSTS代表の斎木くんは、
ハグ旗揚げ以前からの知り合いです。
ハグ母体の梶ヶ谷七人囃子で共演しました。斎木くんは初舞台でした。

初めて知り合ってから、
15年以上経ってるわけで、
ハグ旗揚げ直後もハグ公演に協力してもらったりしました。



f:id:cocoro-sketch:20150814015328j:plain


その後、斎木くんが紆余曲折、いろいろなことをやっているのをみてきて、、

やりたいことが出来たんです。と、
STSを旗揚げしたときは、ほんとに嬉しかった。
歳は近いけど、母な気持ち(笑)

旗揚げの苦労も、継続のしんどさも知ってます。
でも。

あの斎木くんの初舞台(なんと無言劇ですよ、踊ってますよ。マイムしてますよ。
観たい人、DVD貸します(笑))

その初舞台から、
ほんとにやりたいことを見つけてプロデュース集団を立ち上げたことは、ほんとに嬉しいことなのです。

始めたら、とことん、やらなければ
わからないことがたくさんあります。

続けることはしんどいです。
理解者も必要です。

そこに、ねえさんが、ハグよりも
STSを支えたい、という気持ちが強くなった、と語ってくれたとき。

STSにやりがいを見いだしたねえさんの
いろんな本音を聞けて、それも嬉しかったのです。



f:id:cocoro-sketch:20150814020144j:plain



人生一度きりだから。

誤魔化して
遠慮して生きてても、迷うだけです。

悪いから、傷つけるから、、と
自身の本音を隠して、モヤモヤしてても
逆にそれは人を傷つけるだけです。

言えないことがある、
傷つけてしまうから、不安だから、
それはわかるけれど。
それは隠れ蓑です。

ほんとに大切なものを守りたいならば、
己が傷つくのを恐れてはいけない。


これからも。
出逢いも別れも繰り返すのだと思います。
でもそのすべてに感謝します。


Love the Life you Live!



私は、ハグは、

勇気ある決断をした、ねえさんを
笑って見送りたいと思うし、
今後も応援して行きたいと思います。


今後とも、渋谷恭子、STS斎木くん、
ハグハグ共和国をよろしくお願いいたします。



f:id:cocoro-sketch:20150814020449j:plain

広告を非表示にする