ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

紫苑sion~3.11想いを寄せてVol.3~東日本大震災復興応援イベント

既に度々お知らせさせていただいておりますが、
いよいよ明日になりました。


人生いつ何が起こるかわかりませんが、
特に天災は避けられるものでもなかなかないですが、、
それでも。

知らないでいるより『知る』『感じる』方がいい。。。
 

出来たら頭だけで知るのではなく、
理屈ではない想いを感じられたら。
 

知識から知恵に。
進むであろうと思います。


それは、そのときの
命の証。

確かに存在していた証になる。


何が出来るかわかりませんが、
何も出来ないのかもしれませんが、

ただ。ただ。

残されたものは、
先に旅に出た方々の想いを
繋いでいくことが出来る。


頭で考え込むのではなく
感じる。

そして
刻んでいく。。
繋いでいく。。


共に感じられたらいいなと想うイベントです。

よろしくお願いいたします。

***********紫苑案内文より***

ゴスペル、アコースティックライブ、朗読、ダンス、震災説明、そして参加者全員でキャンドルの灯りの中黙祷をさせていただきながら想いを繋ぐイベントです。

「紫苑 sion ~3.11 想いを寄せて~」

<公演日時>
2015年3月11日(水)
19時開場/19時半開演

<入場料>
前売・当日共 500円(大人・子ども共通)
チケットのお申し込みはこちら→http://www.sion311.net/ticket.html

<公演場所>
大倉山記念館 (ホール)
〒222-0037 横浜市港北区大倉山二丁目10番1号
TEL:045-544-1881/FAX:045-544-1084
・東急東横線「大倉山駅」より徒歩7分 

<公演内容・出演者>
◆ アコースティックライブ:後藤冬樹

◆ 絵本・詩の朗読:
岩下政之・大久保ちか・久光真央・古谷洋
 
*「詩集 四丁目の「まさ」」玉川ゆか 著 

*絵本「ひまわりの おか」
文:ひまわりをうえた八人のお母さん 葉方 丹
絵: 松成 真理子 (出版社:岩崎書店)

*「わたしはわすれない」
作:雄勝小学校 杉山七海

◆ ゴスペルミニライブ:
ゴスペルスクエアファミリー

◆ ダンス:渡邊純子

◆ 総合司会:竹本志帆

*「ひまわりの おか」は石巻の大川小学校のお母様が書かれた手紙を元にした絵本です。

*「四丁目の「まさ」」は阪神・淡路大震災の時に書かれた詩です(昨年とは違う詩の朗読になります)

* 公益社団法人中越防災安全推進機構様から頂いた防災チェックリストを無料配布いたします。

1人でも多くの方にご来場いただき、過去に起きた大震災について関心を持ち続け、被災地へ想いを寄せながらご自身の防災について考えて頂ければ幸いです。

宜しくお願いします。

*********************

私が読ませていただくのは
『ひまわりのおか』です。

2011年3月11日。
東日本大震災で発生した大津波によって
74人の児童の命がうばわれてしまった、
宮城県石巻市の小学校。

子供たちが避難のために目指した丘に、
ひまわりを植えたお母様たちの想い。

お子さまたちに宛てた手紙などを絵本にした作品です。

心をこめて。

心を。
想いを。

空に大地に
届けられますように。

よろしくお願いいたします。


f:id:cocoro-sketch:20150310085308j:plain
f:id:cocoro-sketch:20150310085355j:plainf:id:cocoro-sketch:20150220010825j:plain

広告を非表示にする