ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

ハグハグ共和国『おとなずかん①今日ほど素敵なショウはない』地道に一歩。

8月は改めて命の重さを思います。
日々そうであるけど改めて。


盆だなをつくり。迎え盆をして。
親戚が集まり。いろんな話を聞いたり。
戦争の話を聞く機会も多く得て。

数十年前の空を想う。

送り盆をして。
夏休みの終わりに蛍をおいかけながら、
この地のいろんな命に思いを馳せて
胸がぎゅうってなったりしたものです。


限りある命の中、想いは無限に広がる。


 
私がハグハグで
命を根底のテーマにして舞台をやらせていただいてきたのも、幼い頃からの体験や死生観から、、
ほんとに自然な流れ。



生きているってことはとてもシンプルで。
けどその背景にはいろんな想いや出来事があって、
だから
シンプルだけど、捉え方は様々で、
人それぞれだけど、答えはひとつしかない。


ポジティブに言いますが。
生まれて死ぬ、だから、今、生きている。


いつも話してるのだけど
私が表現したいことに舞台を手段にしたのは
私は一人じゃ何も出来ないから。

加えて、ありとあらゆる表現手段に 
心が震えるから。


想像することが好きだし、
想像することが生きている上でとても大事だと想うから。


命の答えはひとつしかない。

けど心は命の数だけある。
心と心の間にある心を思えば無限にある。


私の作品は分かりにくいと思います。
はい。はっきり。

わざとじゃない、けど、自覚はあります。

自分がハグハグでやりたいテーマが、

誰もが持っていて、
誰もが見えてなくて
誰もがわかってて
誰もがわかってなくて
誰もが掌握してるものではないから。

命は
自分の思い通りにはならない。


地球の命すら。
わからないですもん。


けど、どう生きるか。
それなら、ひとりひとり何らかの答えはあるから。



同じ景色をみて、
何を思い、何に揺さぶられるか、、


それが違うから面白い。

同じであれば、もちろん面白い。


感覚の違いに
ひとりひとりの想像力のパワーを感じる。



だから
私が描く絵に、観てくださる心が
何を想うかはある意味、自由。


舞台の余白は、観てくださる方の心。



こう書くと誤解もあるかもですが。
すなわち、何でもいいや、わかんない人にはわかんなくていいや、という意味では全くありません。
そんなおこがましい。

大切なお金と時間をいただくのに、
そんな横暴な考えなわけありません。


余白はあれど。

 
こうだったらいいな、
それはあります。


この絵を観て、
感想は違えど、
こうだったらいいな、それはあるから、
それを描くのに必死です。


伝えたいことがあるから、舞台の世界を借りている。
その姿勢は10代から変わらず。


けれど支えてくださる、
力をかしてくださる、
観に来てくださる心を思い


それにともない、 
あーでもない、こーでもない、と、
見せ方、描き方を変えて
切磋琢磨するのは当たり前。

 

そんなわけで。

稽古も地味に地道に進んでます。



皆様にお逢いできるのを励みに。



もしも、少しでもこの記事に
興味を持っていただけたら


劇場にいらしてくださると嬉しいです



心よりお待ちしています。



**********

ハグハグ共和国 vol.27

第26回池袋演劇祭参加作品

『おとなずかん ①今日ほど素敵なショウはない。』

【作・演出】

久光 真央

【公演日程】

2014年9月23日(火)~28日(日)

【劇場】

シアターグリーン BASE THEATER

【タイムテーブル】

・9/23(火祝)19時(要予約)
※舞台作りの裏側を楽しんで頂く公開ゲネ企画公演です。
純粋に作品を楽しみたいお客様は9/24(水)~28(日)本公演期間へのご来場をオススメ致します。

・9/24(水)19時30分
・9/25(木)14時/19時30分
・9/26(金)14時/19時30分
・9/27(土)14時/19時30分
・9/28(日)13時/18時

※受付開始・開場は開演30分前です

【チケット】

・前売り:3000円
・学割:2000円
※小学生~大学生、大学院生、専門学生対象
受付にて学生証の提示をお願い致します。

・当日券:3300円

・公開ゲネチケット:2000円
(9/23(火祝)のみ・要予約)

【あらすじ】

老舗のキャバレー『トワイライト』。
ある日の公演から描かれるお話。

大人を観察する子供。
大人っぽく無い清掃員。
高飛車なボードビリアン。
軽薄な恋人。
若いホステス達。
真面目なバーテンダー、そしてカリスマ店長……。

古き良きキャバレー、その楽屋で内緒のゴミあさりから始まった騒動は“トワイライト起死回生の記念ショウ”の準備と相まって楽屋に訪れる関係者を引っかき回していく。

「おとなはすぐに私を子供扱いするのだけれど、私がおとなを大人扱いすると気に入らない顔をする」

「いいわね、子供は。まだまだいろんなこと夢みれるから」

「だって私の男でしょ。そうでなきゃ困るわ」

「ここが日本じゃなかったら、どうする? これと結婚する?」

「私はまだまだ夢みてたいけどなぁ」

「指名もとれないでお店にいられるって思わない方がいいと思いますよ」

「あのね、私の体はひとつなの。たぶん、みんなひとつだけど」

ーーおとなになってよかった? 
なりたかったおとなになれた? 
おとなになるってどういうことなの?ーー

【キャスト】

月野原りん
宇田奈央子
中村和之
戸塚まるか
窪田悠紀子
渋谷恭子
伊喜真理
小松聖矢

笠田康平
金濱千明
熊木拓矢(グワィニャオン)
佐伯さやか(劇団えのぐ)
鈴木啓子
瀧澤由舞
田中聡子
松下勇(劇団えのぐ)
渡辺利江子(グワィニャオン)

◆チケットのご予約はこちら!


みれど@久光真央専用ページ

http://ticket.corich.jp/apply/56864/002/

◆ハグハグ共和国ホームページからも、
それぞれの役者からご予約頂けます。

http://hughug.com/

よろしくお願いいたします!




写真は先日、学展に参加していた娘のブースの写真です。

f:id:cocoro-sketch:20140814094321j:plain
f:id:cocoro-sketch:20140814094335j:plain

広告を非表示にする