ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

わたしの中のアタシ。

はじめに。
今日のこの日記は。

お芝居とは全く関係なく。
私個人の一区切りのつぶやきブログです。

一身上の都合でちょっとわかりにくい比喩的な表現で
ぶろぐっております。


おいおい、大丈夫か?的な表現が多々出て来ておりますが、
それはご容赦くださいまし。


直、比喩的とはいえ、分かる方にはわかってしまう内容でもあります。
なので不愉快な想いをされる方がいたら大変、大変、申し訳ありません。


次回ブログはまたお芝居や日常を綴りますので、是非その時に。
またいろいろ楽しいこと感じたことアップしていきますので、
良かったらその時にまた。みにいらしてください。



前置きでした。私の中で区切りのために。
つぶやきに入ります。




ずっと。あの場所から空をみたかった。
見れないけどみたかった。もがいてた。あがいてた。


今でも覚えてる。
あの日。

もうこのまま消えてしまうかもしれないと決心したあの日。
家を出る時、バス停、電車の中、うつりゆく景色。
駅のホーム。あの場所。


その行く先々の音。におい。
今でも覚えてる。


「今日でおしまい」


そう呟いていたっけ。


おしまいにはならなかったけど(笑)



わたしの中のアタシが生まれた日。
ずっとアタシが嫌いだった。


けど。それじゃダメなんだ。

去年、私はアタシをちょっとだけ好きになろうとした。
それは凄い革命だった。


ずっと。

もしアタシの「終わり」が来るなら、
この場所から、このアタシのナマエで・・って。

ずっと想ってた。


でもそれはちょっと難しくなってしまい。


今年に入ってから。悩みに悩んで。


先日。

私はアタシに別れを告げた。



あと少し。

あと少しで「おわり」


だから。
本当は。

アタシで「おわり」にしたかったけれど。


私は、
新たなワタシで。

あと少しの山道を登りきることにした。



アタシ。
今までありがとう。
ずっと支えててくれてありがとう。

ずっと頑張っててくれてありがとう。


私が泣きたい時も。

いつもアタシは笑ってたね。


アタシもたくさんの人に嘘つかれたり。
ひどいこといっぱいあったり。
身近なオトモダチと思ってたヒトからも・・・。
思いがけない真実は想像の範疇をこえる。

つらかったね。
いろいろあったね。

でも。
ずっと笑ってたね。

笑い通したよね。


やられたらやり返すじゃ終わらないから。

言いたいやつには言わせておこう・・・

それは本当に、しっちゃかめっちゃか、
ないことないことばかり言われた人にしかわからないことだけれど。

なんでそんなこと言われなきゃいけないんだ。
なんで?と不条理なことたくさんあっても。
思い通りにいかなくて当たり前。
当たり前のことがないのが当たり前。


哀しくても。怒りたくても。

泣けない。怒れない。


なんにも言えるわけがない。

言える場所もない。


そんな中よく耐えてきたね。


ありがとうね、アタシ。
おつかれさま、アタシ。


アタシは存在しなくなり、忘れられる。


でも私だけは。覚えてるから。


昔の私だったら考えられないよね。
ずっとアタシをないがしろにしてたんだから。

忘れない。
いろんな想いを。大事に。していかなくちゃ。



アタシはひっそりと消えてった。



そして。

新たな。


ワタシ。


あと少しだけれど。
よろしくお願いします。


私。


ワタシを大事にするから。



ワタシもきっとまた。

いろんなことあるけれど。



やっぱり。

笑っていこう。



いつか。
いつかの日まで。




ワタシのフィールドで。

私はワタシと歩きだす。




どんなことも。
感謝にかえて。


いろんな想いを
力にして。







笑っていこう。





2012年。9月。

広告を非表示にする