ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

RHYTHM COLLECTION×グワィニャオン『Aくんメモ』『帝の音、夜に華やぐ怒り』発見していくのですよ。

ツイッターのまとめとやらを設定してみたんだけど解除しました。

なぜなら。
呟きすぎだから・・と。
ページが美しくないから・・・・(笑)


facebookとも連携してるんだし、まとめたところで・・??


そんなわけで。
通常のブログのみに戻しました。
マメにね、更新すればいいのですよ。うん。


そんな相変わらずの私はもちろん6月末の稽古の真っ最中。

毎日が気づきと発見の連続です。

発見したときってドキドキする。

自分の中だけで想い、創り、発していたものが、
稽古場でいろんな色や音がまじりあって、
また新たな感覚を生み出す。

そしてそれをキャッチして、また発した瞬間。

生まれてくるもの。



10代の頃に教わった。

俳優教育は人間教育。

姿勢。声。意識。呼吸。共感。震撼。感情。伝達。

投げる。受ける。聴く。見る。

板の上で表す。現れる。

それが表現。


そしてその表現をどう魅せるか。伝えるか。

どこで見るのか、どこで聴くのか。
どこで感じるのか。

そして忘れちゃいけない・・初心。


継続すればするほど怖さは絶対増してくる。
見えなかったものも見えてくる。

継続していかなきゃ気づかないことはたくさんある。
その立場におかれてみなきゃ見えない景色もある。


継続すればするほど。
経験を積めば積むほど。

いろんな景色みたさに
初心に還る。舞台では全員が同じ空間に生きる人間だから。


年齢を重ねれば重ねるほど、自分にカツをいれることが多くなった。
たぶん、私は一生、己に満足しないんだろうな。

満足しないから、芝居を続けていくんだろうな。

頭を地面につけてでも。
続けていくんだろうな。

絶対満足しないんだから。


だからこそ、カツをいれながら己に問う。
やった気になってやしないか。
出来てる気になってやしないか。
お前はまだまだなんだぞ。


そして同じ舞台に一緒に生きる人をみる。
初めて舞台をたつ人を見る。

先輩から初めての人から。
みんなから教わるものがたくさんあって。
また発見する。

そして盗む。
先輩からあらゆることを。仲間からあらゆることを。
特に若者のエネルギー(笑)
そして、初舞台ならではの瞳。


稽古場には独特のにおいがある。

役者さんたち全員にも。
ひとりひとり、においがある。

色もある。


私はそのにおいをかぐのが好き(変態ではありません)
色をみるのが好き。
そして発見する。貰う。

生かし合う。


心技体をどんどん磨いていかねばなと思うのです。


磨くことは、傷つくこと。
傷つき、気づく。


磨かれて磨かれて。
いつかピカピカになりたいのです。



そんなわけで公演、いよいよ1か月前になりましたよ〜〜〜!!


是非是非、観にいらしてくださいませ。
よろしくお願いします。



星光プロジェクト20周年記念公演

RHYTHM COLLECTION×グワィニャオン共同プロジェクト


『Aくんメモ』

『帝の音、夜に華やぐ怒り・・・』


◆作・演出 西村太佑◆


■劇場■
中野ザ・ポケット

■公演期間■
6月27日〜7月1日


■公演スケジュール■

6/27(水)19時〜帝の音

6/28(木)19時〜Aくん

6/29(金)14時〜Aくん
6/29(金)19時〜帝の音

6/30(土)14時〜帝の音
6/30(土)19時〜Aくん

7/1(日)12時〜Aくん
7/1(日)16時〜帝の音


■チケット代■

前売り→1作品:3800円

※2作品通しチケット→7300円(前売り2作品同時購入時のみ)


◆あらすじ◆

安藤厚司中学三年生。
卒業式の日、式の真っ最中に、
彼は日記のかわりに一年間書き続けたメモを残して、学校の屋上から飛び降りた。

何故、彼は飛び降りなければならなかったのだろうか?
彼のメモから明かされる、中学生の孤独。
そして、教師達の苦悩が解き明かされていく。


母が息子の厚司には語らなかった自らの青春時代。
そして祖母の意外な若かりし頃。
熱く生きた70年代。
爆音を轟かせ暴走族たちが駆け抜けた懐かしき時代。


親になるということ。教師ということ。
子供であること。トモダチということ。
それぞれの苦悩と友情と絆。

現代と過去からなる2作品のリンクによって、
明かされていく人間イキザマドラマ。

70年代を駆け抜けた若者達・・・
現代を駆け抜けた若者達・・・
それぞれを別の視点から描く!


◆チケットご予約方法◆

お手数おかけしますが、
下記のメールアドレスより必要事項をご記入の上、送信ください。
メールを打つのがちょっと・・という際は、お気軽に私宛に直接ご連絡くださいませ。
ご不明な点もご遠慮なくおたずねください。


■チケット予約メールアドレス■
(※こちらでお申し込みいただいた場合、チケットは当日受付にて精算、お渡しになります)

rhythm.ticket@gmail.com


※件名には「公演名、チケット予約」とご記入くださいませ。

※本文に下記の必要事項のご記入をお願いいたします。


<必要事項>

1: お客様のお名前(カタカナ)

2:ご来場ステージ日時

3:ご来場公演名

「帝」 もしくは「A」と、ご記入くださいませ。

※「帝」・・・「帝の音、夜に華やぐ怒り…」
 「A」・・・「Aくんメモ」

4: 枚数

5: お目当ての役者名↓
  (このブログでお買い求め頂ける場合は【久光真央】と書いていただけると、私が喜びます(笑)

6: 備考↓

※セット販売でお買い求めの場合、ご希望のセット番号をこちらにご記入くださいませ。

※2枚以上のチケットをお買い上げいただく際に、お席を並びでご希望される場合は【連番希望】とご記入くださいませ。

※その他、お問い合わせ、お席のご希望などございましたらこちらにお願いいたします。



◆セット価格の内容◆

◇セット:1
通しチケット+公演DVD2枚(各作品1枚ずつ)+公演パンフレット1冊
※通常価格¥10,400 → 割引価格¥9,700

◇セット:2
単発チケット+公演DVD1枚(観覧作品の公演DVD)+公演パンフレット1冊
※通常価格¥6,000 → 割引価格¥5,500

◇セット:3
通しチケット+公演パンフレット1冊
※通常価格¥8,800 → 割引価格¥8,350

◇セット:4
単発チケット+公演パンフレット1冊
※通常価格¥5,000 → 割引価格¥4,850

◇セット:5
通しチケット+公演DVD2枚(各作品1枚ずつ)
※通常価格¥9,200 → 割引価格¥8,700

◇セット:6
単発チケット+公演DVD1枚(各作品1枚ずつ)
※通常価格¥4,800 → 割引価格¥4,400



ご予約いただきましたら、ご予約の完了通知のメールが届きます。

もしも1週間たっても返信がない場合は、
上記のチケット窓口アドレスか、
私へ直接ご一報くださいませ。


よろしくお願いいたします!


なにとぞ〜〜〜〜〜!!!

広告を非表示にする