読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

ひとりごと日記。闘いのモノガタリ。

8月のハグハグ共和国の台本執筆中です。

執筆中の私はやたらと呟くし、やたらと日記を書く。

大体煮詰まってるから。

グダグダを書いてるうちに・・・っていう時もあれば、
今日は無理だなとあっさり眠ろうと想う場合もある。

でも誰しもそうだと思うのだけど、
締切を抱えてると寝た気がしないのです。


夢の中でも「締切だ〜」とか言ってるしね。


そんなしんどいことやめればいいじゃん、って声も聞こえてきそうだけれども。

この闘いが本当に本当に自分にとって不必要な苦しみだったらやめてるかもしれない。
けどこれは自分にとって必要な苦しみだったり傷みだったりする。

このしんどさがあるから。
自分は生きてると思う。


私が生きてこれた理由のひとつはモノヅクリを辞めたくなかったら。


気が付いたら真っ暗闇。
でもその中でも。
モノヅクリをしたい、その気持ちは消えなかった。

むしろ灯みたいなものだった。

出口が見えない時も。
うっすらと道しるべのように照らしてくれていた想い。


自分自身がいなくなってしまいたいと思っても。
モノヅクリがしたかったから、いなくなりたくなかった。


ああ、私、ずーっとモノヅクリしていきたい・・・と
思えたのは昨年から。

それまでは、やりたい、けど、やっちゃいけない・・負い目のようなものがあった。

今は負い目はない。
苦しさとか。しんどさとか。
辛い、傷み。悲しみ。切なさ。そして。自分は汚ない・・


そういう気持ちはなくなったと言ったら嘘だ。
そんな簡単にはなくならない。

でも。
負い目というのはなくなって。

堂々と。
ずっと、ずーっとモノヅクリをしていたい。
芝居をしていたい。


そう強く言葉に出来るようになった。
その有難さと重さ。。。



だからですね。出来ないけど。
やめないです。


私はそんな何でも出来るような人間じゃないですもん。

出来ないことだらけで当たり前。

でも出来るように努力は出来る。
地道に地味に。


だからやめないです。
モノヅクリ、表現することが大好きだから。


あ、すごい前置きが長くなってしまった。

え?これが前置きかって?そうなんですよ、本題は。

「好き」「大好き」って素直に言えること、
「愛してる」ってココロを書こうと思ったのです。


私は。
恋愛に関しては非常に。

かなり冷めてるというか、
信じらんないというか・・・

いろいろな経験を経てなんですが。

自分でも寂しい考え方の持ち主だと思ってます。

人間愛や動物愛、家族愛はすごいあるのです。

けど男女関係の恋愛とか。
裏側を知りすぎてしまったのもあるかもだし、


本気で誰かから愛されたことのない私はわからないのかもです。


もっと可愛げのある女だったら違ったのだろうな。
そもそも、こんなブログでグダグダ書いてるとこも可愛くないんだけどね。
だから原因は自分にあるということも分かってる前提でもあります。


本気で愛されてる女性って魅力的だし羨ましいと思う。
でも遠い世界の出来事のような気もしてしまう。


恋愛は素敵なことかもしれないけど、信じていない。

その理由は長くなるから、台本に書こう(笑)




私は。誰かが笑ってるとこをみるのが好き。


恋愛というのには結びつかないけど。
でもそれで幸せになれる。

みんなが。
誰かが。
笑っているだけで、幸せな気分になれちゃうんです。


ゲラゲラ笑いとかじゃなくても。
静かな微笑みでも。


笑ってると嬉しい。


もしココロから笑えないなら。
泣いてくれたら嬉しい。
怒ってくれたら嬉しい。

マイナスの感情で溢れても。
それでココロを判断するわけじゃない。

マイナスの感情を出さなかったら。

心から楽しめないし、笑えないし。
取り繕っててもすぐわかってしまう。


その場しのぎの言葉、その場しのぎの感情。
その場しのぎの行動が積み重なると。

嘘も真実もわからなくなる気がするのかな。



話が大きくずれてるような感じですが、
実はあまりずれてないんです。



恋愛も。
ココロから笑いあえてたら。
幸せだなって思うのだけどもね。




闘いのモノガタリを私は紡ぐ。

ときに甘く。
ときに辛い。


すごい男女問わず敵を創りそうだけど(笑)

いいのです。


あの時以上に怖いものはもうない。


リングの中では、ヒールになって暴れたい。



まとまりのない、ひとりごとでした。



6月公演のチケットは絶賛発売中です。
是非是非〜〜〜!

観にいらしてくださいませ♪

広告を非表示にする