読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

RHYTHM COLLECTION×グワィニャオン『帝の音、夜に華やぐ怒り』『Aくんメモ』族名ですよ。

本日は『帝の音、夜に華やぐ怒り…』の物語についてちょっと触れようかなって思います。

この作品は同時公演の「Aくんメモ」のAくんの母親に焦点をあてているお話です。


自分たちの親も。
もちろん子供の頃があって。
青春時代・・・っていうのがあって。

小さい頃。
父親が妙に古臭いヘアスタイルと洋服で、
どこかの映画スターの真似をしてかっこつけてる写真をみて、
すっごく不思議な想いをした。あ?これお父さん?

母親も貧乏で中卒で。
中学校出てすぐに働きに出て。でも当時ではきっと流行っていたであろう
不思議なパーマにワンピースをきて気取ってポーズをしている。
なんだか古臭いけど洒落ている。


二人とも、兄弟がめちゃめちゃ多かったから、苦労話ばかり聞かされていたし、
私の小さいころから、やっぱり我が家も貧乏だったので、
しょちゅう電気が止められたり、
くみ取り便所なのに汲みとられてなかったり(お金が払えないので)
ろうそくの下で、白いご飯と焼のりだけを食べる・・なんて日もあった。
自分にとっては、今は、こんな感じの両親・・・・

けど、その写真をみつけた時に。
笑ってる、かっこつけてる、両親の青春・・?若いころ?
すごく興味を持った。父と母は中学の同級生。その話は面白かった。


父は農家の生まれで貧乏で中卒で。ずっと貧乏で。
でも郵便局に勤め始めて。学歴がないことで悔しい想いをいっぱいして
30過ぎて、定時制の高校に突然、通い始めた人。

私が中学校の頃に。
父の高校の卒業式に出た。

定時制だから、卒業式も夜。
みんな仕事が終わってから、夜の学校に集まってくる。

人数も多くないから、体育館とかではなく視聴覚室。

凄く良い式だった。
貴重な経験だった。

親の卒業式に出席出来る子供なんて、そうそういないと思うんです。

私は、恵まれてるって想いました。
お金とかではなくて。

こういう経験が出来るってこと、凄く恵まれてるって思いました。


父が4年間、仕事しながら高校に通って、勉強して、部活して。
通知表をもらってきて。見せてもらったり。
テストや宿題で悩んでたり。でも宿題やってから寝る父の姿や。

中学校までは貧乏だから行けなかったという、
遠足とか修学旅行、その初めて体験することに嬉しそうな父をみて。


卒業式で卒業生の挨拶で父が泣いてる背中をみて。

言葉にならない「なにか」を教わった気がします。

あんまりそういう話は父にしなかったけど。
私が好きなこと、好きにやったらいいんだわ〜っていう性格になり。。

子育ても「私の背中をみて育て〜」ってな感じの母親になってしまったのも。
かなり父の影響もあると思う(笑)


母はちょっとかわいそうだった。
母の話はまた今度にしようっと。


そんなわけで。親って自分が生まれた時から親だけど。

親にも青春時代があって。友達と喧嘩したり裏切られたり。
恋したり、ふられたり。仕事で悩んだり、夢をおったり。

いろいろあったんだよね。

私は幸運にも。

中学校の頃に、
父親の30過ぎた青春をみた。親は親だけど。完璧ではない。

それが凄くうれしかった。


私も2人、現実に子供がいます。
ただ、私、こんななんで(笑)
子供たちに育ててもらってきたと思います。
ほんとにもうね、こんな私に勿体ないくらい良い子供たちなんですよ、
稽古が終わって、荷物が重かったりすると迎えにきてくれるし・・・
家事も洗濯も、私の世話も遊び相手も(って親バカだから、とまんないので略)



この物語のAくんの母親、安藤れい子は。
バリバリの暴走族。

てなわけで。母の青春時代は。そのときの話。


アクション満載、暴走族たちのエンターティメントです。



その物語に登場する暴走族たちの族名は。。。
今回は説明抜きでざっと紹介します、今日は、ふりがな無し・・・(笑)
さあ、読んでみてくださ〜い。



甲州連合

八王子帝音夜華怒

西多摩愚連隊

八王子斗愚路牧

立川威鳳神

日野戯胆閥魂

福生百合牙羅亜

青梅香輪駆蛇里


東村山血野奴殺連盟

怪血頭抜斗

八王子帝音

南舞射打



凄いな、書き出すと改めて凄いな〜
西村さんの発想ってしみじみ面白いなあ(笑)
時々のぞいてみたくなるんです。凄い幅広いから。


ともあれ、こんだけの族が出てくるんっすよ〜
すごいっすよ〜


是非。是非。観にいらしてくださいませ。
『Aくんメモ』の物語の紹介もしてゆきます〜。


公演詳細はこちらです。チケット発売中です!
お早めに是非是非、よろしくお願いします♪↓




星光プロジェクト20周年記念公演

RHYTHM COLLECTION×グワィニャオン共同プロジェクト


『Aくんメモ』

『帝の音、夜に華やぐ怒り・・・』


◆作・演出 西村太佑◆


■劇場■
中野ザ・ポケット

■公演期間■
6月27日〜7月1日


■公演スケジュール■

6/27(水)19時〜帝の音

6/28(木)19時〜Aくん

6/29(金)14時〜Aくん
6/29(金)19時〜帝の音

6/30(土)14時〜帝の音
6/30(土)19時〜Aくん

7/1(日)12時〜Aくん
7/1(日)16時〜帝の音


■チケット代■

前売り→1作品:3800円

※2作品通しチケット→7300円(前売り2作品同時購入時のみ)


◆あらすじ◆

安藤厚司中学三年生。
卒業式の日、式の真っ最中に、
彼は日記のかわりに一年間書き続けたメモを残して、学校の屋上から飛び降りた。

何故、彼は飛び降りなければならなかったのだろうか?
彼のメモから明かされる、中学生の孤独。
そして、教師達の苦悩が解き明かされていく。


母が息子の厚司には語らなかった自らの青春時代。
そして祖母の意外な若かりし頃。
熱く生きた70年代。
爆音を轟かせ暴走族たちが駆け抜けた懐かしき時代。


親になるということ。教師ということ。
子供であること。トモダチということ。
それぞれの苦悩と友情と絆。

現代と過去からなる2作品のリンクによって、
明かされていく人間イキザマドラマ。

70年代を駆け抜けた若者達・・・
現代を駆け抜けた若者達・・・
それぞれを別の視点から描く!


◆チケットご予約方法◆

下記のメールアドレスより必要事項をご記入の上、送信ください。

お手数おかけしますが、皆様になるべく低価格で確実にお買い求めいただけるようにと
思っております。ご記入のご協力、よろしくお願いいたします。

メールを打つのがちょっと・・という際は、お気軽に私宛に直接ご連絡くださいませ。
ご不明な点もご遠慮なくおたずねください。


■チケット予約メールアドレス■
(※こちらでお申し込みいただいた場合、チケットは当日受付にて精算、お渡しになります)

rhythm.ticket@gmail.com


<必要事項>

1: お客様のお名前(カタカナ)

2:ご来場ステージ日時

3:ご来場公演名

「帝」 もしくは「A」と、ご記入くださいませ。

※「帝」・・・「帝の音、夜に華やぐ怒り…」
 「A」・・・「Aくんメモ」

4: 枚数

5: お目当ての役者名↓
  (このブログでお買い求め頂ける場合は【久光真央】と書いていただけると、私が喜びます(笑)

6: 備考↓

※セット販売でお買い求めの場合、ご希望のセット番号をこちらにご記入くださいませ。

※2枚以上のチケットをお買い上げいただく際に、お席を並びでご希望される場合は【連番希望】とご記入くださいませ。

※その他、お問い合わせ、お席のご希望などございましたらこちらにお願いいたします。



◆セット価格の内容◆

◇セット:1
通しチケット+公演DVD2枚(各作品1枚ずつ)+公演パンフレット1冊
※通常価格¥10,400 → 割引価格¥9,700

◇セット:2
単発チケット+公演DVD1枚(観覧作品の公演DVD)+公演パンフレット1冊
※通常価格¥6,000 → 割引価格¥5,500

◇セット:3
通しチケット+公演パンフレット1冊
※通常価格¥8,800 → 割引価格¥8,350

◇セット:4
単発チケット+公演パンフレット1冊
※通常価格¥5,000 → 割引価格¥4,850

◇セット:5
通しチケット+公演DVD2枚(各作品1枚ずつ)
※通常価格¥9,200 → 割引価格¥8,700

◇セット:6
単発チケット+公演DVD1枚(各作品1枚ずつ)
※通常価格¥4,800 → 割引価格¥4,400




是非〜♪


族名の読み方は次回・・・(笑)

広告を非表示にする