ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

『東京オリンピック生まれの男』

3月に予定されていたウッチャンこと内村光良さまの一人芝居。

7月8日に観に行ってまいりました(≧∇≦)

S席だったので三列目。 もう凄く凄く間近で観れたのも嬉しかったけれど。


何より、内容も素晴らしかったです。

今回は脚本もウッチャン。

ほんとに46歳の動きとは思えない。

そしてあんなことやこんなことのチャレンジ精神。

まだ公演中なので控えますが。


お客様が笑ってくれてる時が最高に嬉しい、とパンフレットにも書いてありました。


お客様を楽しませるための芝居やパフォーマンスに、笑って、楽しくて。
そしてなんだかじんわり。


ラストシーンでは私もがんばろう!って思わせてもらいました。


ウッチャンありがとう〜(>_<)
デビューの頃から大好きな大好きなウッチャン。
いつも笑顔と元気をありがとう。私もがんばっていくです。


ちなみに物販商品は、3月の日付、劇場のまま。
考えすぎかもだけど、震災中である気遣いをとても感じられました。

やるはずだった紀伊國屋サザンシアターも
今回のサンシャイン劇場も。

もちろんたくさんのスタッフさまも。
お客様も。

広い劇場が一体感溢れていて、ほんとに心地良かったです。

千秋楽までがんばってください(;∇;)/~~


ちなみにウドちゃん来てたみたいだけど、私は、わかりませんでしたf^_^;

広告を非表示にする