読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

これから。

東日本大震災から1ヶ月。
余震とは思えないくらいの余震が続いた今日。被災地の皆様は大変だろうなと想います。

私も微力でありますが少しでも出来ることを。やれたらいいなと想っています。

20代の頃に、初めて長期で回った旅公演が東北だったのです。
その時は自分自身は不安でいっぱいで。行く先々での暖かな笑顔に救われたから。

この1ヶ月は特に、舞台を打つことに賛否両論あったかと想います。関係者の皆様はたくさん悩まれた事と想われます。

私は、取り止めた皆様も。続行した皆様も。それぞれにお考えや意志があってのことであり。どちらも間違いではないと想っています。

大事なのは、選択してからの決意と覚悟や。。
選択肢によっての責任ある言動。そして笑顔。

選択したならば、笑っていけるように。。
後悔やらなんやらいろいろな想いは、どちらを選択したってあるんですから。人間だもん。

もしハグだったらどうするか?とは聞かれましたし、私も考えました。

私としては、たぶん公演を中止させていただいたと想います。

だからといって公演を行なった各皆様を、非難するつもりは毛頭ないし、自分自身、予定が合えば、元気をもらいに舞台に足を運ぼうと思いました。

ただ、いざ自分自身が興業を行うとなると。たぶんこの1ヶ月は避けたであろうと想います。

今の自分に出来ることを精一杯やることが大切であろうし、それが例えば具体的な物資支援や寄付であったり。
もちろん心のケアというのも非常に大切でありますから、歌だったり、芝居だったり、お笑いだったりもとても必要。

ただ地震がなくとも、常日頃から気にかけてることではありますが、無事に幕が開くか。無事にお客様が劇場にたどり着くか。無事におうちに帰れるか。。

消費電力はもちろんのこと、たくさんの力を動かすということ。

お客様に対しての安全性という責任と義務。
スタッフさんと役者とお手伝いさんを守るための責任と義務。

興業にあたる全ての金額を寄付出来れば良いのですが、シビアな金銭面。。

まだまだ震災中の現実を想うと。今すぐの劇場という場所での表現は避けたであろうと。

もちろん表現はしたいからやれる時期にはやりたい。

今、元気がある人が元気でいることは、とても大事。

そしてそこから。
責任と覚悟をもって、
笑顔でやれることはやれたらいいなと想うのです。

そこから。
これから。

広告を非表示にする