ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

例えば恋愛論ならば。

例えば目の前に。

乗り越えなければならない大きな岩山があって。

その岩山は、越えるのが困難なだけではなく。

得体のしれないたくさんの魔物の噂も飛び交っていて。


得体がしれないものって、不安感から恐怖感をうえつけてゆくから。


ますます生まれる恐怖は。実は自分で勝手に生み出したものなんだけど。それには気づかずにひたすら怯えはじめ。


一歩を踏み出せなくなる。



岩山の向こうにあるものも分からない。


乗り越えた先にあるものが何にも分からない。



気がつくと。
見返りを求め始め、探しはじめる。


あの山を越えて、何になる?



岩山の麓には、穏やかなお茶屋さんがあるとして。
別にわざわざそんなシンドイ想いをしなくてもいいじゃないかと。


なーんにもしなくてよいんですよ

なんにもしないのがいちばんです


と、優しいふりをして実は、一番恐ろしい声をかけてくる。偽りの平和を見せかけて。力を奪い。無気力、無関心、無感動にさせながら。


自分だけが傷つかない方法をささやき続ける。



岩山の向こう側にあるものより


岩山を越えようとする一歩と
越えてる過程の景色が。

ほんとはとても大切だってこと

見失わせる。



あらゆる光の中でも闇の中でも


手を繋いで

乗り越えながら

いろいろな景色を一緒にみてゆくことが


笑顔のもとになると分かっていても。



得体の知れない恐怖や偽りの平和にはなかなか打ち勝てない。

手をつないで

心も身体もつながったら 、生まれる力は、きっと無限大なのだけど。



互いが
海になり 魚になり
空になり 鳥になり
大地になり 虫になり
風になり 花になり


共に互いを生かしあって。いけたらいいのにね。


男女の恋愛は
非力なのだろうか


いろいろ想う今日この頃。



非常にわかりにくい表現でごめんなさい(笑)

広告を非表示にする