ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

孤独な夢。

とても孤独な夢をみました。

日常生活で、
周りに人がいるのに、ふと孤独感を感じてしまうことって何かありますよね。

すっごい些細なことで
何かされたわけでもない、したわけでもない。

本当に ふと
孤独。


夢の中でも

日常の中で
些細な孤独を何度も味わっていて

でも泣くわけでもなく。

結局、自分で勝手に思ってるだけと分かってはいるので。


でも理屈ではなく。


夢の中で、孤独感を感じながら。私は笑っている。
そして

その孤独感は
ホントに孤独となり。

誰もいなくなり、

キレイにみえた建物が崩れ落ちていくという夢です。


そして怯えてる私に誰かが。
「崩れ落ちていくようにみえたかもだけど、あれは錯覚だ。
ホントは崩れてない。今は見えてないだけだ」と言ってきます。


「寂しいウサギはコドクという名のドクを飲む。見えない迷宮の入り口で何を想いさまようのだろう」


10年前に描いた作品のセリフです。


私は今はたくさんの人に助けられている。

けれど 時折
コドクを呑み込んでしまう。


夢の中では

みんなと仲良くしたくて必死になっていた。


私は 今はどこでさまよっているんだろうか。

広告を非表示にする