ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

合掌。

叔母が亡くなった。
70歳でした。

従姉妹の意向で、お通夜もお葬式もしずかに見送ることに。

叔母の人生は
きっといろんなことがあっただろうと思う。


従兄弟は27歳で車にはねられて亡くなり。
叔父は62歳で事故で亡くなり。


それでもそれからも、母娘二人で仲良く暮らしていて。叔母が入院したと聞いた時も。早く退院出来ると思っていたよ。


我が家は、家族全員がご家族全員にお世話になっていました。

大工だった叔父さんには、実家を建ててもらったし。

従兄弟や従姉妹にも
小さい頃にたくさん遊んでもらいました。


叔母はいつも優しくて穏やかで、ニコニコしていた。



叔母さん。
小さい頃から、いつも優しくしてくれてありがとう。

うちの子供たちにも良くしてくれてありがとう。
今日は二人の制服姿を見せることが出来て良かったよ。


叔父さんとお兄ちゃんとのんびり過ごしてね。

空からお姉さんを見守っていてください。

うちのお父さんお母さんも。見守ってあげてください。


私も守るからね。


安らかに。
いろんなことがあったから
安らかに眠ってください。


ありがとう。



生まれてくる命。
旅立つ命。

生かされている命をどう生きるか。


命は有限だけど、ココロは無限だから。



旅立ちを見送ったら
そのココロをもらいうけていく。


私の命は重たい。


人生はいろいろなことがあるけれど。今月はホントにもうダメだと思ったけれど。
私はまた生かされた。
生かされたからには。また一歩進む。

大事にしよう。

広告を非表示にする