ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

好きなこと。

好き、というキモチに真っ正面から向き合うのって。私には難しかった。

好きなことに、思いきりぶつかって行くのも苦手で。


傷つく前に自分で防御するクセがついていたから

好きなものにも
好きなことにも
好きな人にも

いつでも傷ついて良いように
あらかじめ自分で予測傷をつくったり。
勝手に傷口を広げといたり

いつでも傷ついても大丈夫と
斜めを向いてきました。

そのくせ、出来ないとあきらめるのも嫌で

中途半端にいいわけして。
好きのど真ん中に近ければ良いかな〜みたいに。わざと冷めたスタンスをとる。


向き合って
傷つくとは限らないのに。傷ついたとしても
それが不幸だなんてなんで決めつけていたんだろうな。

失敗して転んでも
傷ついても


いつまでも、素直に向き合っていける心でありますように。

広告を非表示にする