ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

笑う門。

くしゃみが止まらない。
カラダが弱ると何だかいろいろ思い出す。

もっと弱るからやめなきゃと、無理に防御しようと悪あがきをするから余計に思い出す。


小さい頃に、大人の前でいい子ぶるクセがついたあの感じを思い出す。

ワガママを言うと怒られて、お利口にしてると褒められる。
私は、それをどこかで履き違えて。いつの間にかわからなくなった。


いい子ちゃんすぎてイヤになる、と言われたことを思い出す。


黙ってると怒ってるように見える顔だと言われたことを思い出す。

気がつくと
ヘラヘラ笑うクセがついてしまい。抜け出せなくなった。
でも出来たら笑っていたいから。憧れを自分に投影しようとして、
見失う。


どんどん弱る。


笑わなきゃと思う度に
くしゃみが止まらない。
アレルギーみたい。

アレルギーはコップの水が溢れるようなものだという。


なんか溢れてきたんかな。


いいよ、
今は弱ってるけど


必ず
三倍笑えるくらいに


器をでっかくするから。

広告を非表示にする