ココロのスケッチ

絵を描くように綴りたいです。

合わせ鏡。

勝{{keyword:手}}に考えこんでしまったら、{{keyword:大}}抵は迷宮に入り込むように答えが出なかったりする。


キモチに素直なのが{{keyword:一}}番なんだろう。

人も人生}}も、合わせ鏡だ。


昨日までの自信が折れるのなんて、些細な一言で簡単だ。
逆に、些細なことで浮上できる。


誰かのせいや、何かのせいにしないのと同じように、自分を責めても仕方ないから。


{{keyword:目の{{keyword:前}}にあるものを、まっすぐ見つめて

そして いろんな角度から見つめて


{{keyword:また}}、まっすぐ見つめてみる。


無理しても無理が帰ってくる。真実には真実。

怯えはじめたら、堂々巡り。さぐりあいすぎて。
そのうち分からなくなっていく。


そんな時は、答えはでなくても、原点にかえったら何かが見つけられるのかもしれない。
導かれるものを、ただたどり。

満ちていく想いを信じて。


困難の扉は、想いやりと歩み寄りが
カギなんだろうな。

広告を非表示にする